La boite 湘南インテリア手帖


La botieスタッフがおススメするインテリア雑貨や家具などをご紹介いたします。
by deco_laboite
プロフィールを見る
画像一覧

【リトルオーク/イギリスアンティーク家具(藤沢)】

前回、ご紹介した「カラエ」の程近く、洲鼻通り沿いで15年続く
イギリスアンティーク家具の専門店「リトルオーク」を訪ねました。
 d0250763_16211656.jpg
d0250763_16175190.jpg

店名の通り、イギリス家具の中でも
オーク材の家具に特化しているのが、この店の特長。
年4回、イギリス北部を中心に、
ヨークシャ州やランカシャ州、リバプールなどに仕入れに出かけるという
ご主人の鈴木さん。筋金入りのイギリスホリックです!

「北海道には良質なオークの材木林があり、
明治から大正にかけての開拓期に建築資材や家具の材料として
たくさんのオーク材がイギリスに輸出されたんです。
日本から渡ったオーク材がイギリスで家具に姿を変え、
それらが今日本に里帰りしているかもしれませんね」

店に並ぶ家具を見渡しながら、ロマンあふれる話をしてくれた鈴木さん。
イギリス家具を語らせたら、恋する少年のごとくうっとり、
そしてキラキラと目を輝かせておもしろい話をしてくれますよ。
この日の名言は、『家具は家族』。
イギリス家具への愛着がにじむ一言、いたたぎました!

イギリスの家のサイズは、日本とさほど変わらないそうで、
したがってイギリス家具は日本の家に合わせやすいのが魅力です。
ボタニカル柄の美しい座面の椅子をはじめ、
気品あるデザインはイギリス家具の特長でしょうか。
 d0250763_15391868.jpg
d0250763_15402666.jpg

d0250763_1542123.jpg


鈴木さん曰く、「イギリス家具との最初の出会いは、現地の家具屋。
日本にはないエレガントな、まるで貴婦人が座るような椅子に魅せられた」そう。
店にもそんな雰囲気の家具がたくさん揃っています。

ステンドグラスは人気の商品。
店のドアにもはめ込まれ、江ノ島の太陽と色ガラスが溶け合って
その表情はとても情緒豊か。お部屋のアクセントにおすすめです。
 d0250763_15434534.jpg
d0250763_1545692.jpg


また、マイセンやオールドノリタケなど、年代物のテーブルウェアもあり、
それはそれはずっと眺めていたくなるほど、優美とはまさにこのこと。
掘り出し物が期待できそうですよ。
 d0250763_1654720.jpg
d0250763_1671491.jpg


■リトルオーク
藤沢市片瀬海岸1-13-12 
0466-23-4416 
11:00~18:00
月・火休 HP
[PR]
by deco_laboite | 2012-01-30 16:10 | Antique [アンティーク]

カテゴリ

全体
North Europe [北欧]
Natural [ナチュラル]
Antique [アンティーク]
Asian [アジア]
Japanese [ジャパン]
Dayly goods [雑貨]
American[アメリカン]
Hawaiian[ハワイアン]
French[フレンチ]

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

最新の記事

【Mar-Vista Gar..
at 2013-03-20 23:03
【クルス鎌倉店(イギリスアン..
at 2013-02-28 15:48
【アンティキテ湘南/イギリス..
at 2013-01-28 12:20
【House of Pott..
at 2012-12-27 18:40
【Still Life/アン..
at 2012-11-29 02:06

ファン

ブログジャンル

インテリア・収納
雑貨

画像一覧